• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > “V逸ダービー”で「同情するならカネをくれ!」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“V逸ダービー”で「同情するならカネをくれ!」


ボート界のレジェンド 語り継ぎたい思い出の名勝負

【金子良昭(静岡=50・54期)】(1994年とこなめ、ダービー)

オレは銭カネが欲しくて言ったんじゃない

 今回は昨年のマスターズチャンピオン覇者・金子良昭(50=静岡)が登場だ。選手生活31年、7400走すべてに命を懸け、一切の妥協を許さない男。そんな金子のレーサー人生を象徴するレースを紹介する。

 そのレースを表現するなら「金子良昭物語」とでも言おうか。義侠で一本気な生き方が、1分50秒の3周に凝縮されている。ボート界のシステムまで変えてしまった伝説のレースを振り返ろう。

 1994年10月のとこなめSGダービー。当時は29歳、予選トップ通過で優勝戦1号艇を手にし、悲願のSG初制覇に王手をかけた。しかし進入争いで運命を分ける。2号艇・関忠志がインを取りにきたのだ。「あの日だけ8メートルの追い風が吹いたんだ(公式発表は6メートル)。だから、あまり早く舟を向けたくなくて」。深インを嫌った一瞬の判断ミスからインを奪われてしまった。

「もう完全に熱くなってね。意地でもSいってまくってやろうって思った。俺、スイッチが入っちゃうとダメなんだ」

 2コースからコンマ08のトップSを決め、イン関の前を完全に締め切って全速まくり。当然、追い風の分だけ舟は流れた。そこをまくり差した艇王・植木通彦(現やまと学校校長)にバックで並ばれ、1周2MでSG制覇の夢は消えた。さらに運悪く、2着を競った2周2Mで引き波にのまれ、体が完全に水の中へ落ちた。

 だが、ここからがすごかった。腕一本でボートにしがみつき、なんとよじ登って再び走りだしてゴールを切る超人的な根性を見せたが、判定は「落水失格」。当時のルールで賞金はゼロだった。ボートから降りた直後に金子が放った言葉は「同情するならカネをくれ!」だった。

「ビショビショの体で競技本部に行く途中、選手会長の安岐(義晴)さんが声をかけてくれてね。1番人気で売り上げに貢献して賞金ゼロはおかしいって言ってくれて」

 これが引き金となり、96年4月からSG優勝戦の転覆・落水事故には6着の賞金の30%が「敢闘手当」として出される規定に変わった。

「オレのおかげ(笑い)。ただ一つ言うけど、オレは銭カネが欲しくて言ったんじゃない。体制が納得できなかったんだ」

 今に至るまでSGタイトルはないが、一ミリたりとも後悔していない。「あのとき結果にこだわっていたら優勝できて違う人生になったかもしれない。でも、今振り返ると取らなくて良かったと思うよ。取れなかったからここまで頑張れたし、謙虚にもなれたから」

 昨年4月、49歳でGⅠマスターズCを制覇。「年を取って、少しは結果を求めるようになったかな」と言うが、今でもスイッチが入ると熱くなる。「そういう生き方しかできないからね」。口癖のように「オレは下手」というが、悔しさをパワーに変える絶対的な才能がある。21年前の敗戦は多くの財産をもたらした。その一つがマスターズVであることは言うまでもない。

☆かねこ・よしあき=1964年10月29日生まれ。静岡支部の54期生。84年5月の浜名湖でデビュー。同節6走目に初勝利。3か月後の同年8月に初優出、87年3月の浜名湖で初優勝した。92年12月の下関周年でGⅠ初制覇。2014年4月のからつGⅠマスターズCを制覇。通算70V(GⅠ・3V)。身長161センチ。13年11月に息子の金子萌(24)がデビュー。血液型=O。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!