【平和島ボート・SGダービー】6Rで池田浩二と湯川浩司が痛恨のF 1億410万3200円が返還

2021年10月27日 14時25分

6Rのスリット写真
6Rのスリット写真

 ボートレース平和島のSG「第68回ボートレースダービー」は27日、予選2日目が行われ、6Rで5号艇の池田浩二(43=愛知)と6号艇の湯川浩司(42=大阪)がフライング。池田はコンマ04、湯川はコンマ01のスリットオーバーで売り上げ1億3806万7200円のうち75・4%にあたる1億410万3200円が返還となった。

 池田、湯川ともに12月4日に開幕するプレミアムGI「第3回BBCトーナメント」(鳴門)まであっせんが入っておりその後がF休みとなるが、池田は現時点で賞金ランク13位、湯川は17位。11月23日からのSG「チャレンジカップ」(多摩川)終了時点で賞金ランク上位18位以内なら、12月14日開幕のSG「グランプリ」(住之江)には出場できる。

関連タグ:

ピックアップ