【唐津ボート・ルーキーS】ダークホース蒲原健太が虎視眈々「舟足はいい。特に伸び」

2021年10月23日 20時02分

蒲原健太(東スポWeb)
蒲原健太(東スポWeb)

 ボートレースからつの「ルーキーシリーズ第18戦 スカパー!JLC杯」は3日間の予選を終了。24日の4日目は9~12Rで予選上位24人による準優進出戦が行われる。

 注目の予選トップ通過は中田達也(28=福岡)。堂々と12R1号艇に座る。以下、11R1号艇は沢田尚也(22=滋賀)、10R1号艇は山下流心(28=広島)、9R1号艇は川原祐明(26=香川)となった。

 一方、その準進戦ラウンドでダークホースとして注目されるのが蒲原健太(27=佐賀)。初日に白星発進を決めると、その後も5、6着の大敗のない堅実なレース運びで予選を得点率13位でクリアした。

 レース後は「舟足はいいですね。特に伸び。道中の追い上げも利いていた。4日目はこの伸びを生かしたレースをしたい」と伸び型の相棒71号機に手応えを感じている。

 前節の多摩川「ルーキーシリーズ第17戦」では優出(6着)を果たしように、近況はリズムも上々。その流れで迎えた地元ルーキー戦だけに、“今度はV”と意気込んでいるはず。

 準優進出戦は9R4号艇。地の利を味方にまずは確実に準優切符をつかみ取るつもりだ。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ