• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 小城千奈が自転車競技からボートに“乗り換えた”ワケ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小城千奈が自転車競技からボートに“乗り換えた”ワケ


女子レーサー 初公開!秘蔵ショット

祐誠高校時代は自転車競技部で複数の大会で入賞実績がある小城

 女子ボートレーサーの知られざる素顔を紹介する「秘蔵ショット」。今回紹介するのは、福岡期待の若手・小城千奈(21、福岡・113期)。中学生の時はスピードスケートのショートトラック、高校生の時は自転車競技と、いろいろなスポーツを経験してきた小城にボートレーサーの道を選んだ訳を聞いた。

「福岡県ではタレント発掘事業というのがあって、私はオリンピック選手になろうと思って応募したんです。運よく合格して、自分の適性ある種目を選ぶことになり、スピードスケートにしました」。ショートトラックジュニア代表としてアジア大会で5位になるなど、実績を残した。「競技としては楽しかったんですけど、練習に通うのに片道2時間かかって負担は大きかったです。さらに母親が病気になってしまって、断念しました」

 そして高校進学。スケートの実績を買われて、自転車の名門である祐誠高校(福岡)から特待生の権利をもらい、自転車競技部に入部した。

「ずっと男子と一緒にやっていて、同じ土俵ではかなわないことがわかったんです。進路を考えた時に選手としての寿命も長いし、親孝行もできると思ってボートレーサーを選びました」

 自転車競技をやっていた縁で、ガールズケイリン選手の小林優香とは仲がいい。「私が高校時代に教えてもらっていた人が、優香ちゃんを教えているんです。ホームにしている久留米競輪場でたまに彼女と会います。たわいもないガールズトークで盛り上がります」

 デビュー1年、現在の目標を聞いてみると、「まずはB1に上がることです。将来的には平山智加さんが目標。男子に交じってトップレベルの舞台で成績を残せるような選手になりたいです」。

☆おぎ・ちな=1993年8月8日生まれ。福岡支部所属の113期生。2013年11月芦屋でデビュー。昨年11月の児島で水神祭を挙げた。15年前期勝率は2・32(B2級)。身長151センチ。血液型=A。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!