【下関ボート・ヴィーナスS】産休明け即Vへ! 魚谷香織「足はめちゃくちゃいい」

2021年10月13日 23時05分

魚谷香織(東スポWeb)
魚谷香織(東スポWeb)

 ボートレース下関の「ヴィーナスシリーズ第13戦」は13日、5日目を終了。注目の準優3番勝負は9R・魚谷香織(36=福岡)、10R・鎌倉涼(32=大阪)、11R・落合直子(36=大阪)がそれぞれ逃げ切り勝ちを収めた…。

 が、落合は前半6Rでフライングを犯したために賞典除外となっており、このレースからは2着の西村美智子(37=香川)と3着の渡辺優美(29=福岡)が優出。結果、予選2位だった鎌倉がポールポジションを獲得。今年5度目のVに王手をかけた。

 優勝戦は魚谷に注目する。今節は産休明けで約1年5か月ぶりの実戦復帰となったが、いきなり初戦で大外6コースから勝利をつかむと勢いに乗って、節間トータル5勝を挙げる大活躍! 長休のブランクを微塵も感じさせない走りをアピールした。

 この日5日目の下関水面は7Rまで「イン逃げ」なし。8Rでようやく逃げが決まる乱戦ムードだったが、準優9Rに登場するとインコースからコンマ02の快速攻を決めて危なげなく逃げ切り快勝! 「スタートは早いと思ったけど全速です」とここ一番での勝負強さを見せつけ、会心の“魚ちゃんスマイル”を弾けさせた。

 肝心な舟足も「足はめちゃくちゃいいです。回ってからもいいし、スリット付近も余裕がある。スタートも行き足がいいので安心して行けている」と臨戦態勢は万全。

「今節は上出来です。優勝戦は落ち着いて集中して走りたい」とムード上々となれば、産休明け即Vの“快挙”に期待してもいいだろう。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ