【児島ボート・GⅠ児島キングC】連覇を狙う菊地孝平「児島とは相性もいいんでね」

2021年10月13日 20時14分

菊地孝平(東スポWeb)
菊地孝平(東スポWeb)

 ボートレース児島のGⅠ「児島キングカップ 開設69周年記念」は14日、12Rで優勝戦が行われる。ベスト6は次の通り。

 1号艇・佐藤 翼(33=埼玉)

 2号艇・茅原悠紀(34=岡山)

 3号艇・桐生順平(35=埼玉)

 4号艇・毒島 誠(37=群馬)

 5号艇・菊地孝平(43=静岡)

 6号艇・斉藤 仁(44=東京)

 佐藤がGⅠ初優勝に王手をかけているが、茅原も初の地元周年Vを目指してターン勝負を挑む。桐生、毒島も機動力はピカイチだけに1Mは激戦必至。そこで狙いたいのが5号艇の菊地だ。

 準優10Rを2着でクリア。1、2号艇は桐生、渡辺和将(31=岡山)という厚い壁だったが、4コースをカドに引けたのが好走につながった。代名詞であるコンマ09のトップスタートを決めると、渡辺の上を迷いなく握って2番手へ抜け出した。

「今節は伸び合戦みたいになっているから伸びを意識した調整をしたんだけど、準優で優勢な感じはなかった。むしろ出足とかトルク感が出てきて、乗り心地も良くなっていた」

 伸び自慢の面々に伸びで太刀打ちしようとした目算は外れたが、出足系が上向いたのはひょうたんから駒。5号艇なら出足と速攻力のコラボがピタリとハマるかも。

「準優ぐらいのスタートならいけると思う。児島とは相性もいいんでね」

 昨年の覇者が混戦を斬って連覇に挑む。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ