【下関ボート・ヴィーナスS】西橋奈未 初日ゴンロクから猛逆襲「まだA1は諦めてません」

2021年10月10日 22時22分

2日目の2、1着に笑顔の西橋奈未
2日目の2、1着に笑顔の西橋奈未

 ボートレース下関の「ヴィーナスシリーズ第13戦」は10日、予選2日目を終了。11日は予選折り返しの3日目を迎える。鎌倉涼(32=大阪)は2日目2着2本と堅実な走りで、得点率トップをキープ。一方、魚谷香織(36=福岡)とともに2走2連対と好走した西橋奈未(25=福井)に注目したい。
 
 2日目前半5Rでは、4コースから追い上げて2着。後半11Rはインから逃げて今節初勝利。初日6、5着からの巻き返しに成功した。「ペラ調整でマシにはなったけど、エンジンパワーが足りないですね。出口が重くて押してないし、乗り心地も不安定です。時間があれば整備も考えたい」と舟足はひと息の様子だが、「初日にゴンロクだったんで、逆に焦らずにレースできるようになったかな。悪かったのをプラスに考えるようにします」と気持ちの切り替えが功を奏したようだ。

 今月末に迫った来期級別審査で、2期連続となるA1級キープへ勝負駆けの真っ最中。目下、ボーダーをやや下回ってるだけに「まだA1は諦めてません。今節も、もちろん優勝を目指して頑張ります。最終日12Rまで残りますからね」と気合パンパン。3日目以降も激走に期待して良さそうだ。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ