【びわこボート・GⅠびわこ大賞】峰竜太 通算15回目のGI優勝!「このまま突っ走っていきたい」

2021年10月08日 19時00分

賞金王争いでさらにリードを広げた峰竜太
賞金王争いでさらにリードを広げた峰竜太

 ボートレースびわこのGⅠ「開設69周年記念 びわこ大賞」は8日最終日、第12Rで優勝戦が行われ、1号艇・峰竜太(36=佐賀)がインコースからコンマ12のトップスタートを決めて逃げ切り快勝! びわこでのGⅠ初優勝、今年2月の大村・九州地区選手権以来となる通算15回目のGⅠ制覇を果たした。

 今節は2連対率29%という平凡な62号機を引いて前検は前途多難、苦戦も予想されたが大整備で気配アップに成功。さらに「4日目にチルト0にしてから足は良くなった。これなら優勝戦まで行けると思った」と日増しに自信を深めて行った。

 ツキも味方した。予選は2位通過ながらトップだった坪井康晴(44=静岡)が準優勝戦(11R)で2着に敗れ、V戦1号艇が転がり込んでくる絶好の流れを呼び込んだ。迎えた優勝戦も「スタートは行く気だった。(1Mは)幅を取って絶対に差されないターンをした」と自画自賛の完璧な旋回で、ライバル艇を難なく退けた。

 これで今年の獲得賞金は1億2000万円を突破しトップを快走中。一時は2位・浜野谷憲吾(47=東京)に急接近されたが、再び突き放した。「今節はボロエンジンでも優勝できる力がついた。(自分が)強くなっていることを再確認した」と胸を張る。

 次節は秋の大一番・平和島SG「第68回ダービー」に出場するが「ダービーでもチャンスが来た時は狙っていく。もちろんトップの座を譲るつもりはないし、このまま突っ走っていきたい」とおなじみのアロハボーズを決めて笑顔でレース場を後にした。

関連タグ:

ピックアップ