【びわこボート・GⅠびわこ大賞】坪井康晴が予選トップ浮上「行き足、伸びは結構上位」

2021年10月05日 19時30分

初日のアクシデントから、きっちり挽回してみせた坪井康晴
初日のアクシデントから、きっちり挽回してみせた坪井康晴

 ボートレースびわこのGⅠ「開設69周年記念 びわこ大賞」は6日、予選最終日となる4日目を迎える。

 3日日を終了して得点率トップに躍り出たのが坪井康晴(43=静岡)。峰竜太(36=佐賀)と同じ7・60に並んだが、上位着数の差で首位に立った。

 3日目11Rは2コースから、イン若林将(37=東京)をジカまくりで沈める圧勝劇。今節は初日に新プロペラに交換となるアクシデントに見舞われたものの「行き足、伸びは結構上位だと思っている」と見事にリカバリーに成功。5、6着の大敗がない安定感をアピールしている。あとは「伸びに寄りすぎていて、回ってからの押しは調整が必要。かかりの部分ももう少ししっかり合わせたい」と、さらなる上積みを図って準優戦の絶好枠取りをもくろむ。

 2位・峰は予選道中に「優勝戦1号艇を狙っている」とブチ上げた通り、着実にポイントをまとめている。足に関しては「伸びは弱いけど、エンジンの感触はいいし、回り足はいい」と出足中心の仕上げで逆転トップを目指す。

 また、女性陣では守屋美穂(32=岡山)が4位。平山智加(36=香川)が19位と、予選突破に向けて奮闘中。中でも守屋は自身初となるGⅠ初優勝のチャンスも十分にあるだけに、4日目も好結果を残して、準優ラウンドに駒を進めたい。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ