• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 他の公営競技を観戦して切実に思うこと

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他の公営競技を観戦して切実に思うこと


夫婦ボートレーサー泣き笑い 力良&裕子の交換日記

競輪選手の父・黄金井憲(左から2人目)

【黄金井力良の巻】オフの日に子供と外で遊んでいると、オートレースのエンジン音が聞こえてくる。今日は開催しているんだ…と行きたくなっちゃいますよね!

 ボートの選手になる以前に、オートレースのバイクのフレームを造っている工場でアルバイトしていたこともあり、そのときにお世話になった選手の方もいて、今でもかわいがっていただいています。

 なので自分がレースをしているときに宿舎でスポーツ新聞を見るときはボート、オートレース、競輪としっかりチェックしています。

 競輪選手の祖父(光良・引退)と父(憲)の姿を小さいころから見てきたし、競輪選手になって活躍している高校の同級生の友人もいるので、自然と名前を探してしまいます。時々、イベントなどでも競輪場に行くことがあって目の前でレースを見る機会もあります。小さいころから何度か祖父や父のレースを見に行ったことがあるんですけど、そのときは「遠い世界だなあ」「カッコいいなあ」という感じでしたが、自分がボートの選手になってからはレースに対する感じ方が完全に変わりました。

 レースに向かうときの選手のしぐさ、動作、目つきを見たり、人気を背負ってる選手はどんな気持ちなんだろう?など考えたり…。技術的なことは全く分からないけど、レースに挑むときのメンタルは学ぶことがあると思うので勉強になりますね。いざレースが始まると夢中で見入ってしまいます。

 オートレースは義父と一緒に行きます。競輪は父が選手なので車券を買えませんが、親族がいないオートなら買えるので(笑い)。出走表をじっくり見ながら考えに考え、義父とああでもない、こうでもないと言いながら予想して車券を購入。レースが始まると自然と声が出てしまいますね。

 当たったときはうれしいし、外れるとものすごく悔しい! 自分もお客さんの前でレースする側、舟券を買ってもらう側なので、自分がこうして車券を手にしてレースを見るのはとても新鮮だし、いろんなことに気付かされます。自分の舟券を買っているお客さんは命の次に大事なお金を僕のレースに賭け、こんな気持ちで応援しているんだと思ったら生半可な気持ちでレースはできません。なんとしても舟券に絡めるように全力を出さないと申し訳ない! 他競技を観戦することで、公営競技レーサーとしてどうあるべきか?を改めて考えさせられますね。

 先日も車券でうれしい気持ちを少し、悔しさをたっぷり味わいました。お客さんにそんな気持ちをさせないように、また明日から頑張ります!

<次回は妻・中西裕子が執筆=3月12日掲載>

☆こがねい・りきら=1986年3月4日生まれ。埼玉支部の100期。2007年5月の戸田でデビュー。10年4月の江戸川で初優出。優勝は未経験。15年後期は勝率5・38(A2級)。14年の獲得賞金額1660万2000円。身長173センチ。血液型=A。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!