【鳴門ボート・GⅢオールレディース】近況は上げ潮の中川りな 38号機にまずまずの手応え

2021年10月01日 18時04分

中川りな
中川りな

 ボートレース鳴門のGⅢ「オールレディース 第37回渦の女王決定戦」が2日、初日の幕を開ける。1日の前検日にはエンジン抽選やスタート特訓などが行われた。

 初日、2日目にダブルドリーム戦が組まれた今シリーズ。その第1弾として争われる初日12R6号艇で出走する中川りな(28=福岡)にスポットを当てる。

 今年5月の江戸川男女W優勝戦でデビュー初Vを達成すると、8月の浜名湖PGⅠ「第35回レディースチャンピオン」ではGⅠ初出場&初勝利も挙げた。さらに9月の徳山PGⅠ「第8回ヤングダービー」にも初参戦。予選突破はならなかったがここでも1勝を挙げるなど、近況は上げ潮に乗っている。

「GⅠで1勝したりできているけど、それ以外のレースで優勝戦に乗れてなかったり。自分の中ではあまり頑張れていないと思っています。だから今節はしっかり走りたい」と改めて気合を入れ直していた。

 エンジン抽選で引き当てたのは2連率38%の38号機。4節前に地元の市橋卓士(42=徳島)が優勝した近況好調機。この日は「回り過ぎの感じで、プロペラを叩いたら止め過ぎてしまっていた。でも、特訓で下がることはなかったしエンジンは悪い気はしない」とまずまずの手応えをアピール。どんなレースを見せるか、注視していたい。

関連タグ:

ピックアップ