• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 三重支部期待の星・西川昌希の将来性と課題

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重支部期待の星・西川昌希の将来性と課題


目指せ!「ヤングダービー」U-30の咆哮

三重期待の西川昌希は最近では珍しいくらいのガチガチの“ファイター”タイプ

【西川昌希(24=三重・104期)】プレミアムGⅠ「ヤングダービー」の対象となる30歳未満にスポットライトを当てた「U―30の咆哮」――。今回は昨年初V達成から一気に5Vとブレークした次代の三重支部を担うと期待されている西川昌希(24)だ。

 昨年のこの時期、あの井口佳典に三重支部で期待する若手を挙げてもらったところ、真っ先に名が出たのがこの西川だ。当時はまだA1に昇格したばかりで、優勝経験もなかったが、4月に桐生で初Vすると一気に年間5V。SGクラシックの出場権もつかみ取り、井口の見立て通り、いや、もしかすれば、それ以上の活躍をアピールした。

 西川自身もデビュー前から井口の背中だけを追い続けてきた。

「一緒に走る時は毎回レースやペラを見てもらってます」と偉大な先輩に憧憬のまなざしを送り続ける。昨年ブレークしたのも単に追いかけるだけではなく、実際に井口の薫陶を受けてきたからこそだろう。

 しかし「少しは彼に近づけたか?」の問いには「自分が上のレベルで戦うようになってから、むしろ逆に遠くなった気がする。井口さんの場合、正直(エンジンが)出てないことの方が多い。一緒に見える時もあるかもしれないが、それは乗り方で一緒に見せている。それくらいターンのレベルが違う。足合わせで隣にいるとよく分かります。レースに向かう姿勢や集中力も違うし、ホンマに学ぶことばかり」と差を痛感している。とはいえこの“違い”に気づくようになったこと自体が西川の成長の証しに他ならない。

 現状の課題は「すぐに熱くなるところ。気持ちのコントロール」と言う一方で長所に挙げたのが「勝負にこだわるところ。全部勝ちに行くレースをしている」とメンタル面をアピール。このあたりも井口のそれに似ている。

 当面は来月のSGクラシックが大舞台となるが、先の浜名湖地区選を皮切りに、これからはGⅠあっせんも増えていく。

「勉強もあるが、負けるつもりはない。一般戦なら7点取れるようになったので、記念を走って7点取れるようになりたい」と目標は高い。

 ちなみに今年のクラシックとヤングダービーはともに尼崎開催。昨年11月に優出した実績(4着)もあり「結構いいイメージ持ってますしオヤジが神戸出身なんで…」と第2の故郷に錦を飾りたいと今から意気込んでいる。

☆にしかわ・まさき=1990年2月26日生まれ、三重支部所属。2009年5月の津でデビューの104期生。初勝利は同7月の戸田。初優勝は14年4月の桐生。昨年の戸田ヤングダービーがGⅠ初出場。1走目でGⅠ初勝利を挙げた。同期には松田大志郎、中田竜太、竹井奈美ら。血液型=B。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GII共同通信社杯】諸橋愛が執念のGⅡ初優勝!
イバラの道を歩み続けた真のファイターが大きな勲章を手にした。

【ボートレース蒲郡】プレミアムGI「ヤングダービー」
注目選手を直撃!岩瀬裕亮&今井美亜のスペシャル対談を動画で配信中。

第2回東スポカップ ポーカー大会
東日本最大規模のポーカー大会「第2回東スポカップ ポーカー大会」決勝DAY2を10月22日(日)に開催します!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!