【芦屋GⅠ全日本王座決定戦:注目選手】地元で悲願のタイトル狙う前田将太

2015年02月18日 11時57分

次代のスターとして期待される前田

【芦屋GⅠ全日本王座決定戦:注目選手】前田将太(26=福岡、102期)は昨年3月、浜名湖のGⅡモーターボート大賞で特別戦初制覇。だが、GⅠタイトルはまだ、手にしていない。今回は地元の芦屋で悲願のGⅠタイトルゲットをもくろむ。

「去年GⅡを勝ってから、次の目標は当然GⅠということは意識しているし自分の中でも狙える位置にいると思う。でも焦りとかはないし、流れの中で勝てればいい」。普段、ピット内ではひょうひょうとしたところがある前田だが、上を目指していく志は力強い。

 当然、平素から勝つためのトレーニングは怠らない。「エンジン出しはもちろん重要ですけど、その前に体重のコントロールに気を付けてる。やっぱり妥協している部分で見られたくないって言うか、エンジンうんぬんいう前にやることあるだろって言われたくはないんで」と語るまなざしは真剣そのもの。必要最低限の準備は常にやっておこうとする姿勢は、プロ意識の高さの表れでもある。

 いつタイトルを手にしてもおかしくない器だが「いつもエンジンの抽選運が悪いんですよね。GⅠとかに限ったことじゃなくて、いつも悪いんです。今回の芦屋こそはエース機とか、いいの引きたいですね」という悩みもある。それでも「芦屋は相性いいですし地元だし、周年ともなると、また地区選なんかとは違った感じで気合が入りますし頑張りたい」と気を引き締めていた。抽選運、そして体重。買いのサインを見逃してはいけない。

 

☆まえだ・しょうた=1988年3月23日、福岡県生まれの26歳。2008年5月、芦屋でデビューの福岡支部102期生。同期は河合佑樹、桑原悠、上野真之介、山田康二、樋口由加里、遠藤エミら有望株揃い。12年6月の若松周年記念でGⅠ初優出以降、7回優出もまだタイトルはない。通算10VでSGにも7戦出場しており、次代のスターとして期待されている。