【宮島ボート・東スポグループ杯】藤山翔大が“コース不問”の超抜仕立てで無傷の5連勝

2021年09月29日 20時27分

藤山翔大(東スポWeb)
藤山翔大(東スポWeb)

 ボートレース宮島の「第4回東京スポーツグループ杯」が30日、予選最終日の4日目を迎える。ここまでは藤山翔大(30=大阪)が無傷の5連勝で独走している。

 3日目12Rは1号艇だったこともあり、チルトはマイナス0・5度を選択。本番レースでは5コースのカド位置となったが、それでもS一気にまくり快勝。ケタ違いの舟足をアピールしている。

 5走全て「まくり」での1着。機力は「1号艇を考慮してチルトは下げた。でも、伸びが落ちずに出足も良かった。どっちの足もいい。ピット離れで遅れることはあるけど、気にしていない」と、まさに“コース不問”の超抜仕立て。

 このまま、無人の野をいくかの如く、一気に完全優勝を果たしてもおかしくない!

【関連記事】

関連タグ: