【ボートレース・129期修了記念競走】卒業チャンプ最有力候補は西岡顕心「1コースはだいたい自信がある」

2021年09月22日 01時44分

「養成所チャンプ決定戦」に出場する(左から)西岡顕心、竹間隆晟、青木蓮、藤田俊祐、藤原碧生、津田陸翔(東スポWeb)
「養成所チャンプ決定戦」に出場する(左から)西岡顕心、竹間隆晟、青木蓮、藤田俊祐、藤原碧生、津田陸翔(東スポWeb)

 ボートレースの第129期選手養成訓練修了記念競走が22日、福岡県柳川市の「ボートレーサー養成所」で行われる。1年間にわたる訓練と、リーグ戦を勝ち抜き「養成所チャンプ決定戦」に出場する6訓練生が以下の通りに決まった。

1号艇・西岡顕心(けんしん、20=香川)
2号艇・竹間隆晟(りゅうせい、20=大阪)
3号艇・青木 蓮(20=埼玉)
4号艇・藤田俊祐(19=東京)
5号艇・藤原碧生(あおい、21=岡山)
6号艇・津田陸翔(りくと、20=広島)

 1号艇を手にした西岡が卒業チャンプの最有力候補だ。リーグ戦は第2戦、第6戦を制している。「1号艇には誰がなってもおかしくなかった。操縦が思うようにできなかったり、うまくいかない時もあったけど、常にポジティブに捉えている」と前を向く。

 これまで香川支部からは卒業チャンプがでていないだけに「1コースはだいたい自信がある。(卒業チャンプ)を取りにいく!」と気合パンパンだ。

 一方、「アメトーーク!(バラエティー番組)を見て選手を目指した」という2号艇・竹間もチャンスは十分だろう。「ちょっと前まで(勝率)1位だったので最後のリーグ戦で力が入りすぎた。優勝戦は2号艇なので(差し、まくりの)どっちも行けると思ってレースしたい」と意気込んでいる。

 果たして129期の修了記念覇者は誰になるか?

関連タグ:

ピックアップ