【大村ボート・夜の九州スポーツ杯】田頭実が開幕3連勝!「ほぼ仕上がっている」

2021年09月16日 23時00分

田頭実
田頭実

 ボートレース大村の「創刊55周年記念 夜の九州スポーツ杯」は17日、中盤のヤマ場、予選3日目に突入する。

 初日いきなり連勝で飛び出した田頭実(54=福岡)は2日目8Rも力強く差し切って快勝! 見事に開幕3連勝を達成した。機力についても「出ていく感じがある。(エンジンは)よー出よるし、ほぼ仕上がっている」と手応えは申し分なく、笑顔がはじけた。迎える3日目は3、1号艇の好枠2走となれば、さらに連勝を伸ばしそうなムードだ。

 田頭はこれまでに第4回オーシャンカップ(1999年7月・若松)と第51回ダービー(2004年10月・福岡)のSGタイトルを制しており、GIも6Vの実績を誇る。

 その中には今や伝説として語り継がれているF3(フライング3本=180日休み、F4は引退勧告)の“超”重大ハンディを背負いながら勝った05年の若松ダイヤモンドカップもある九州艇界を代表する強豪だ。

 今年は現在4V。来年3月にこの大村で開催されるSG「第57回ボートレースクラシック」は年間の優勝回数上位者が選出されるレース。例年6V、もしくは5Vの勝率上位がボーダーとなっている。

 もちろん、今節は5回目のV奪取がノルマ。怖いのは…、Fだけではないか。

関連タグ:
 

ピックアップ