【戸田GⅠ関東地区選:展望】桐生、毒島、山崎智の巴戦

2015年02月05日 16時00分

直前の住之江58周年を制し勢いづく山崎

【6日開幕!戸田GⅠ関東地区選:展望】2月恒例の全国6地区のGI地区選ロードの先陣を切って「第60回関東地区選手権」が6日、埼玉県・ボートレース戸田で幕を開ける(びわこ近畿地区選手権と競合)。

 この関東地区からは昨年末のSGグランプリに山崎智也、毒島誠、桐生順平の3人が出場を果たした。残念ながらファイナル進出はならなかったものの、これまで“西高東低”と言われ続けた勢力分布図を塗り替える大きな一歩をしるしたといえるのではないか。

 やはりこの3人がV有力候補だ。

 山崎は持病の腰痛の影響で年明けからまともに走っていないが、この遅れを取り戻すべく気合の走りを見せそう。直前の住之江58周年を制し勢いづいた。

 毒島の好調度もますます勢いを増している。2人とも戸田との相性の良さもすこぶるつき。

 また桐生は昨年の「ヤングダービー」が“恵まれ”だっただけに、きっちりとした形でのGIタイトルが欲しいはず。ここは絶好のチャンスだ。

 また、この「地区選」Vには3月のSGクラシックの出場権が与えられる。前記3人以外では須藤博倫、黒井達矢が権利持ち。まだ権利を持たない選手の勝負駆けも見ものだ。

 中でも過去V3がある“地区選”ハンターの平石和男や関東の顔・浜野谷憲吾は気合が入るところだろう。斉藤仁、石渡鉄兵、中野次郎、秋山直之らは底力は十分にVクラス。快走を見せても驚けない。