【宮島ボート】江藤敦宏が7Rイン逃げで水神祭「師匠の篠崎元志さんにいい報告ができます!」

2021年09月15日 20時07分

イン逃げでデビュー初勝利をあげた江藤敦宏(東スポWeb)
イン逃げでデビュー初勝利をあげた江藤敦宏(東スポWeb)

 ボートレース宮島で開催中の「第12回PayPay銀行賞」2日目(15日)7Rで、昨年5月にデビューした126期新人・江藤敦宏(22=福岡)が通算199走目にしてイン逃げでデビュー初1着。レース後に大時計前で水神祭が行われた。

 3節前のからつ戦から「スローにも入るようになりました」と言う江藤だが、前節の大村では「内枠をもらえなかった」ということで、スローに入るのは今節が実質2節目。1号艇=イン戦もこれが初めての経験だった。

 1Mでは2号艇の地元A1・畑和宏に差されたようにも見えたが「差されたと思ったけど、出て行きました。エンジンは出ています!」とにっこり。「師匠の篠崎元志さんにいい報告ができます!」とご機嫌だった。

関連タグ: