• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > ポスト茅原と期待される男の強みと課題

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポスト茅原と期待される男の強みと課題


目指せ!「ヤングダービー」U-30の咆哮

王国・岡山の次世代を担う期待の渡辺和将

【渡辺和将(24=岡山・103期)】昨年のグランプリは岡山の茅原悠紀が最内差しで優勝、1億円を手にした。成長著しい若手の多い岡山王国でこの男も虎視眈々と上位を狙っている。今回はイーグル会の次世代を背負う渡辺和将(24)だ。

 ターンスピードとS力は一般戦なら抜きんでている。デビューしてからトントン拍子でエリートの階段をのぼってきた。A級昇格後は一度B級に降格もA1を4期続けてキープ。

 ただ、今期は思わぬ壁にぶつかっている。1月20日現在、6・26まで勝率を回復させるも、5点台まで落とした時期もあった。GⅠあっせんが増えたことで結果が出ずにもがき苦しんでいたのだ。「記念はレベルが違う。みんなエンジンを出す。特に展開を読む力とターンスピードにたけてる人が多い。だからGⅠ、SGで活躍されてるんだと思う。自分が全部が足りなくて…」

 それでも本人は前を向く。どちらかといえばコツコツ結果を残し向上心が強い。堅実さが持ち味だ。

「本来なら1周1Mでケリをつけたい。ただ、自分は道中で勝負するタイプ。どちらかといえば2、3着が多い。でも、上のレベルではちょっとのことで4、5着に落ちる。常に上(A1)を目指すためにもペラを含めてもう一度やらないとダメ。今が踏ん張りどころです」

 そんな渡辺をバックアップする環境は整っている。

 大所帯イーグル会でも期待される若手だけに先輩選手たちも助言を惜しまない。「川崎(智幸)さん、小畑(実成)さん中心にお世話になってます。自分は恵まれてる方だと思う。ほかにも岡山は(吉田)拡郎さん、茅原(悠紀)さん、(山口)達也さんと乗り越えないといけない選手が多い。選手になったからにはいずれSGで勝負できる選手になりたい」

 まだ先だがヤングダービーに関してはこう語る。

「前回はエンジンがひどくて何もできなかった。もちろん出るレースは全て一生懸命走る。まだ5回はチャンスがあると思うので狙える位置にいたら優勝したい」

 見つめるまなざしは常に上を向いている。高校を中退してまで受験し、一発合格した志もある。世代交代を進めるためにも結果を出してアピールしたい。

☆わたなべ・かずまさ=1990年2月12日生まれ。岡山県在住。2008年11月児島でデビュー。その年11月若松タイトル戦で水神祭を挙げる。13年5月に初優勝し、通算27優出V5。身長は167センチ。同期(103期)に市村沙樹、古沢光紀、深谷知博、黒井達矢、小野生奈、武富智亮、秋元哲、喜井つかさ、金子賢志ら。血液型=A。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕)
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!