• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 大会直前に飛び込んできた木村厚子さんの悲報

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大会直前に飛び込んできた木村厚子さんの悲報


ボート界のレジェンド 語り継ぎたい思い出の名勝負

【平石和男(48=埼玉・58期)】(2003年平和島、笹川賞)

 

表彰される平石。右はプレゼンターの遠藤久美子

 ベテラン強豪選手が心に残る思い出のあのレースを振り返る「ボート界のレジェンド 語り継ぎたい思い出の名勝負」。今回は埼玉支部が誇る名レーサー平石和男(48=埼玉・58期)が登場だ。

 後ろ姿はまるで女性?かロックミュージシャンのような風貌。茶髪のロン毛をなびかせ、カッパも当時ではまだまだ珍しい迷彩柄。ピット内でもひと際、異彩を放っていた“平ちゃん”こと平石和男ももう48歳。プレミアムGI「マスターズチャンピオン」に出場可能な年齢になった。
 そんな平石の心に残る思い出の一戦とは?

「初めてのGI制覇だった桐生(39周年記念=1995年)や戸田周年の初V(53周年=2010年3月)ももちろんだけど、やっぱり平和島(第30回笹川賞=03年5月、現SG・オールスター)かな…」

 物思いにふけるかのようにとつとつと語ってくれた。「あのレースは加藤(峻二)さんと2人で優出でね。加藤さんがSG史上最高齢優出記録を作った一戦。そんな人と一緒に走れたのもあるけど…」。この大会を迎える直前、平石にとって大きな出来事があった。

「大会直前に木村厚子さん(故人=5月24日、津7R=レース中の事故で殉職)の事故があって…。前検前に霊前で手を合わせて出かけたんだ…。その時にいろいろ考えさせられた。木村さんの無念さとか、いつ自分の身にも起きるかもしれないとか、家族はどうなっちゃうとか…。そんな中で走れることのありがたみとか喜びとか…。つくづく考えさせられた。それもあってあの節はすごく集中していて、自分だけでなく埼玉4人(ほかに加藤、池上裕次、滝沢芳行)みんながそうだった。弔い合戦ってわけではないけどとにかく必死になんとか勝ちたいと思っていた」

 鬼気迫る集中力で走り切ったシリーズはまさに“神がかり”的な後押しがあった、といいたくなるくらいに劇的なVだった。それだけにこの一戦の重み、思い出は今も平石の心にしっかりと焼き付いているのだろう。

 さらに「祝勝会の2次会もいい思い出。俺、結婚式を挙げてなかったので仲間がサプライズで嫁との“式”をしてくれてさ。ドレスとかも用意されて…」という後日談もあったならなおさらだ。

 さて、そんな平石は現状をどう捉えているのか。「まだまだ頑張らなきゃだし、やれると思っている。少なくとも東京五輪まではトップ戦線にいて毎年GIを1つは勝ちたいと思っている。それには“気持ち”だよね。丸くなったつもりはないけどもっと前面に出さないとね。もちろん技術面だってまだまだ若い子たちのターン力に負けないように研究心や探究心を持ってやっている」

 あくなき闘争心はまだまだ健在だ。

「今年からマスターズチャンピオン(名人戦)だけどあれは勝ちに行く、優勝するつもりです」と気合満々。その前にまずは地元戸田の関東地区選(2月6日~)に照準を合わせている。「そう、勝てば3月のSGクラシックに行けるから。なんとかしたいね」と目を光らせた。 

☆ひらいし・かずお=1966年7月14日生まれ。東京生まれの埼玉支部。86年5月、戸田デビューの58期生。同期には池上裕次、三角哲男、田頭実、柳沢千春ら。93年7月、多摩川で初優勝。GIは95年9月桐生「開設39周年記念」が初V。SGは2003年5月、平和島の「第30回笹川賞」で初優勝を飾った。通算優勝は48回。うちGI10回、SG1回の優勝がある。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!