• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > “中身の濃い”ボートレーサーのお正月

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“中身の濃い”ボートレーサーのお正月


夫婦ボートレーサー泣き笑い 力良&裕子の交換日記

「今年もよろしくお願いします」黄金井力良と中西裕子夫妻(元日撮影)

【中西裕子の巻】東スポ読者の皆様、明けましておめでとうございます! 今年も夫婦ともども、コラムでボートレースの魅力をたっぷりお伝えしますので、よろしくお願いします。

 さて、新年最初のコラムではボートレーサーのお正月についてお話ししたいと思います。

 前回も触れましたが、基本的にボートレーサーの「盆・暮れ・正月」の休みはありません! 全国24レース場で地元レースが目白押し。フライング休みでない限り、選手は年末年始にゆっくり休むことはできないのです。

 我が家も元日は貴重な一日。旦那は大みそかまでレースに出ていて、2日には地元・戸田ボートに出発。わずか1日の正月休みでしたが、いつものように元日は黄金井の実家に親族がゾロゾロと集まりました。

 曽祖母の作るやつがしらとクワイがメチャメチャおいしい! おすしにローストビーフにだて巻き、鶏肉の紅茶煮、ティラミスなどいろんな料理が並んで、みんなで乾杯! 娘がみんなの注目を集めたくて大きな声でおしゃべりし、大人たちが面白がっていじりまくったり、とても楽しく過ごすことができました。ただ、体調を崩した息子のオムツからウ○チが漏れて…。年初め早々、大変でしたが、運(ウン)がいいかも?

 そんなつかの間の楽しい正月でしたが、ボートレーサーはここでも“試練”があります。

 お正月とて「減量」をしなくてはいけないのです! 特に旦那は体重が軽い方ではないので、レース前は好き勝手に食べられません。

 おいしい料理を目の前にして食欲を抑えなくてはいけないつら~い日なのです。みんなが食卓に集まり、楽しくワイワイしながら飲み食いしたいのに、食べられない。これは相当のストレスです。

 それでも旦那はつらい顔ひとつ見せず、ビールと焼酎を飲みながら会話を楽しんだり、娘と一緒に遊んだりしていました。

 そんな光景を見ると、なんとも言えない気持ちになりますね。唯一のメリットといえば「正月太り」にならないことかな(笑い)。

 最後に2015年の目標を!

 現在は産休中ですが、21日開幕のボートレース尼崎で復帰します。昨年末のクイーンズクライマックスをテレビで見ていて、私も出たいって思いました。今年の年末に向けて本気出していこうと思います! 子供2人を旦那に任せて仕事に行くので、一走一走を大切に走りたいと思います!

 そして家庭も仕事も夫婦揃って充実できるように前進していきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!

 <次回は夫・黄金井力良が執筆=1月22日掲載>

☆なかにし・ゆうこ=1983年12月30日生まれ。埼玉支部の94期生。2004年5月の戸田でデビュー。同年8月の平和島で初1着。10年6月に夫・黄金井力良(現A2級)と結婚。13年8月から産休に入り、14年3月に第2子を出産。優出、優勝は未経験。現在、通算99勝で100勝に王手をかけている。身長161センチ。血液型=O。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!