• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 昨年一番印象に残った披露宴

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年一番印象に残った披露宴


女子レーサー 初公開!秘蔵ショット

上段左からムーディ勝山、今井美 亜、AMEMIYA、下段左から 滝川真由子、喜井つかさ、坂咲友理

【滝川真由子(27=長崎・102期)】デビューから6年半で初のA1に昇格した滝川真由子。昨年は周囲に結婚する者が多く、その中でも、特に印象に残ったのは、昨年10月5日に岡山市内のホテルで行われた守屋美穂と山口達也の結婚披露宴だという。この写真はその時の一枚だ。

「今年(2014年)は結婚式に出席することが多かったです。永井(聖美)さんや守屋さんとか選手が5回で、他にも友達などで3回あったから、計8回ですね。衣装も、それを見越して新しいのを2着作りました。そのうちの1着が写真に写っているものです。式に行くのは好きですよ。着飾ることもできるし、おいしいものが食べられるし、それに何よりも、いろんな人に会えますから。この時も司会が永島知洋さん(ボートレース中継のリポーターとしても有名)で、ムーディ勝山さんや、AMEMIYAさんもゲストで来ていて、すごく盛り上がっていました。特にイーグル会(岡山のペラ軍団)の後輩たちと、AMEMIYAさんのコラボは良かった」

 自身は同じボート選手の中村辰也と結婚してすでに2年が経過した。

「私生活は充実しています。ただ2人とも家を空ける時が多いので、ホコリがたまって掃除をするのが大変。料理は得意ではないですが、空揚げとかハンバーグとか単純なものでも、喜んでくれるので作りがいがあります」

 さて1月からは、初のA1級。15年はぜひとも飛躍の年にしたい。

「クイーンズクライマックスにぜひ出場してみたいです」

 クイーンズクライマックスシリーズ戦でのフライングは確かに痛いが、私生活面で心配がないのなら、仕事に集中することもできる。13年に記録したV2以上を目標に、15年、戦いの幕は開く。 

☆たきがわ・まゆこ=1987年9月30日生まれ。長崎支部。102期。2008年5月とこなめでデビュー。13年2月の戸田オール女子戦で初V。15年前期勝率は6・30(A1級)。身長158センチ。血液型=A。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!