【常滑ボート・ヴィーナスS】「とこなめ大好き」当地大得意の平高奈菜が今年5回目の優勝

2021年09月12日 19時39分

優勝した平高奈菜

 ボートレースとこなめのヴィーナスシリーズ第12戦「常滑シンデレラカップ」は12日、最終日を迎え、12Rで優勝戦が行われた。制したのは1号艇・平高奈菜(34=香川)。通算では28回目のVを飾った。2着にも鎌倉涼が入り、100期ワンツー決着となった。

 レースは枠なり3対3。「来るなら(新田)有理ちゃんだけだと思っていた」と、平高の予想通り、4カドから新田が攻めてきたが、1周1Mは何とか先マイ。新田のまくり差しは艇が浮いてしまい、平高がそのまま押し切った。

 これでとこなめは4月のGⅢ「オールレディース」についで連続V。「嫌いということはあっても、好きなレース場はあまりないけど、とこなめは大好き。優勝戦も自信を持って臨んだ」と“とこなめ愛”を胸に、機率26%の低調機を日を追うごとに蘇らせて、Vにつなげてみせた。

 今年はこれで5V。女子賞金ランクも2位をキープと好調だ。今後に向けては「あと1回優勝して、(来年のSG)クラシックへ行けるように頑張る。ターン技術を磨いて“無敵”になりたい」と断言。SG出場当確へ、そして女子最強への道を突き進む。

関連タグ: