【宮島ボート・GⅢオールレディース】新人・神里琴音が46走目で嬉しい初勝利「気持ち良かったです」

2021年08月24日 15時28分

ピースサインの神里琴音
ピースサインの神里琴音

 ボートレース宮島のGⅢ「宮島プリンセスカップ」最終日(24日)1Rで、デビュー6節目の128期新人・神里琴音(17=福岡)が通算46走目にして、初勝利を飾った。

 お約束の6コースから究極ともいえるコンマ02のスタートタイミングで飛び出すと、3コースから先まくりに動いた福島陽子(52=岡山)の内に、まくり差しを叩き込んで2Mを先取り。その後も大きなミスなく周回を重ね、先頭でゴールを駆け抜けた。

 6R後には大時計前で水神祭が行われ、ずぶ濡れで上がってくると「(先頭で)引き波のない水面を走るのは気持ち良かったです」と満面の笑みで喜びを表した。

関連タグ:
 

ピックアップ