【SGグランプリ】準優勝の菊地は脱力状態

2014年12月24日 10時58分

 ボートレース平和島のSG「第29回グランプリ」(賞金王決定戦)、優勝戦(23日)で栄冠をつかみかけながら準優勝に甘んじた菊地孝平はレース後、カポックを脱ぐとその場にうずくまってしまうほどの脱力状態。

「悔しい。こんなに悔しいことはない」と痛恨の表情を浮かべた。1Mでは絶好の差し場が開けたが「一瞬迷った」分、茅原悠紀の先行を許し「自分が未熟だった」と猛省。唇をかみしめながら「来年はもっといい着を取れるように頑張ります」とレース場を後にした。