【大村ボート】前本泰和、金子龍介がV戦線をリード!

2021年07月30日 23時14分

前本泰和

 ボートレース大村の「BTS長崎時津開設記念」は31日、予選折り返しとなる開催3日目を迎える。

 初日連勝で滑り出した前本泰和(49=広島)は2日目も、3Rで道中追い上げて2着奪取。後半8Rでも力強く差し切って今節3勝目。ここまで4戦3勝オール2連対と圧倒的な強さをアピールしている。エンジンに関しても「行き足が良くて余裕ある」と順調な仕上がりを見せている。

 また、金子龍介(48=兵庫)も「初日の整備が当たって、回ってから押す感じが出てきた」とエンジンの立て直しに成功。2日目は差し、逃げでのダブル白星。初日未勝利を素早く巻き返すとともに、31日が選考締め切り日となる平和島SG「第68回ダービー」(10月26日開幕)の出場権もグッと引き寄せた格好だ。

 一方、ここまで2、5、6着と攻め切れていない梶山涼斗(23=佐賀)だが、2日目9Rの6着は「1Mで迷ってしまった。(攻めて)行くなら行くと、もっと早く握らないと…」とレースミスを猛省していた。

 ただ、エース候補と言われる57号機については「出ています! 出足は普通だけど、伸びがすごくいい。(選手になって)今までで一番出ていると思う」と豪語するほどのデキ。序盤の失敗を糧に「リベンジしたい気持ちはあります。3日目からは攻めていきます」とメラメラと闘志を燃やしている。

【関連記事】

関連タグ: