【芦屋ボート・SGオーシャンC】守屋美穂がオール女子戦快勝!「レースがしやすい」

2021年07月21日 18時01分

守屋美穂

 ボートレース芦屋のSG「第26回オーシャンカップ」は21日、予選2日目が終了した。初日、2日目の1走をともに勝利し、開幕2連勝となった守田俊介(45=滋賀)が得点率トップ。初日に連勝を飾り、2日目の1走を2着とした浜野谷憲吾(47=東京)が追う展開だ。

 一方、6人が出走している女子勢で気を吐いているのが守屋美穂(32=岡山)だ。2日目10Rのオール女子戦では4コースから二番差し。インの小野生奈(32=福岡)が1M流れたスキを見逃さずに、スムーズに差し抜けて今節2勝目を挙げた。

「うまく合わせられた。回り足とその後のつながりが良くて、レースがしやすい。機勝率を考えればしっかり動いてくれている」と笑顔で振り返った。

 これで得点率も4位まで浮上。守屋にとって芦屋は2018年のレディースCC、そして男女混合の19年MB大賞とGⅡを2勝と抜群の相性を誇るドル箱水面。自身初のSG予選突破も狙えるだけに、3日目以降も気合の走りを見せてくれるはずだ。

関連タグ: