【桐生ボート・ルーキーS】中村日向 予選全3連対で準優へ「最近、リズムはいいですよ」

2021年07月17日 22時15分

準優は10Rに2号艇で登場する中村日向
準優は10Rに2号艇で登場する中村日向

 ボートレース桐生の「ルーキーシリーズ第11戦 スカパー!第21回JLCカップ」は17日、予選最終日の4日目が終了。18日の5日目は9~11Rで準優勝戦が行われる。

 4日間の予選を終えて、得点率トップで通過したのは村上遼(29=長崎)。2位は吉田裕平(24=愛知)、3位は中亮太(24=福岡)で、この3人が準優勝戦の1号艇を手にした。

 そろって舟足は強力で準優勝戦も好枠とあって人気に推されそうだが、10Rで2号艇に座る中村日向(22=香川)のデキもいい。

 予選最終走の4日目2Rは2コースからまくって今節2勝目を挙げ、得点率5位で準優に駒を進めた。

「スタートは全速で行けました。足はバランスが取れていいです。乗り心地もだんだん良くなって、初日に比べたら全然いい。エンジンの素性が良く、しっかり調整に反応してくれています」と仕上がりに合格点をつける。

「もう微調整だけ。スタートもスローは行けているし、徐々に勘も合ってきている」と不安要素はない。

「最近、リズムはいいですよ」というように、先月の宮島GⅢ・ウエスタンヤングで優出(4着)を決めた。その後の若松、徳山のルーキーシリーズも予選を突破、今節も予選6走はオール3連対(6着の4日目11Rはノーカウントの一般特選)にまとめた。

 準優勝戦は2号艇。吉田相手に差し勝負になりそうだが「優勝戦に乗りたいので頑張りたい」と気合が入る。良機を武器に勝って優出を決めたい。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ