【びわこボート・GⅡモーターボート大賞】中村桃佳 ライバルも驚く好パワー「出足はかなりいい」

2021年07月16日 19時49分

中村桃佳
中村桃佳

 ボートレースびわこのGⅡ「モーターボート大賞」は16日、予選4日間が終了。5日目(17日)は10~12Rで最大のヤマ場となる準優3番勝負が行われる。

 4日目は上位陣が着を取りこぼす中、2着2本にまとめた石野貴之(39=大阪)が予選トップ通過を決めた。「だいぶいい感じになってきた。伸びで上の人はいるけどついていけるようになった。準優は先に回れるようにメンバーを見て調整を考える」と盤石の態勢。残る準優1号艇は2位・河合佑樹(34=静岡)、3位・村松修二(30=広島)が手にした。

 一方、女子で唯一予選突破を果たした中村桃佳(28=香川)に注目したい。4日目9Rは3コースからまくり差して2着。2日目以降は1、3、2、2着と日増しに気配をアップさせて予選9位で準優進出を決めた。

 仕上がりも「変わらずいい足している。出足はかなりいいんじゃないですかね。S放ったけど伸びていました。スリットはそうでもないと思っていたけど良かった」と大満足で、対戦した下河誉史(38=福岡)も「中村選手が別格ですね」と絶賛するパワーだ。

 当地は2018年3月のレディースオールスターでGⅡ初制覇を成し遂げた思い出の水面。「イメージはいいですね」と相性もバッチリ。松本晶恵(34=群馬)、大山千広(25=福岡)が敗退し、女子で唯一の予選突破となったが「一般戦の混合戦でも準優に乗れたら普通にうれしいのにGⅡですからね」とニコニコ顔だ。

 準優10Rは3号艇。6号艇にはチルト1・5を示唆する菅章哉(33=徳島)もおり波乱ムードだが、パワーは強力だけにS集中して切符をつかみ取りたい。

関連タグ:

ピックアップ