【大村ボート・GⅢアサヒビールC】地元・赤坂俊輔がトップ独走「最初に比べれば全然いい」

2021年07月03日 22時10分

オール2連対をキープしている赤坂俊輔
オール2連対をキープしている赤坂俊輔

 ボートレース大村のGⅢ「アサヒビールカップ」は4日、予選最終日の4日目を迎える。

 ここまでは地元期待の赤坂俊輔(38=長崎)が5戦2勝2着3回のオール2連対と、抜群の安定感を発揮。得点率も唯一の9点台をマークしてトップを独走中だ! 機力も「いい方向にいっている。最初に比べれば全然いい」と調整にも正解を出してきた様子で、このまま予選トップの座を守り切りそうな流れだ。

 ただ、2位以下も平尾崇典(48=岡山)、仲谷颯仁(26=福岡)、田村隆信(43=徳島)、井上大輔(35=岡山)が僅差でひしめくだけに、残る準優戦1号艇の2席を巡る争いは、最後まで予断を許さない状況となってきた。

 一方、現在の準優進出ボーダー18位は池本輝明(54=広島)の6.00。下位からの勝負駆け組では機力がいい酒見峻介(35=佐賀)、地力ある枝尾賢(39=福岡)らが注目されるところが、地元・津留浩一郎(47=長崎)も「スタートする足はまともになってきたし、乗りやすさもある。もう微調整で行けそうな感じになってきたよ」と話しており、侮れない存在となってきた。

関連タグ:

ピックアップ