【住之江ボート】竹田辰也がドリーム戦6コースから2着「ラッキーでした。足もいいです」

2021年06月30日 22時38分

竹田辰也

 ボートレース住之江の「寝屋川市制70周年記念」は7月1日、予選2日目を行う。30日の初日、主力6人が激突した12Rドリーム戦は、4カドから内を叩いて出た奈須啓太(37=福岡)が人気の1号艇・秋山直之(42=群馬)をまくり切って制した。「伸びましたね」と笑顔を見せたように、師匠・瓜生正義(45=福岡)譲りのプロペラが火を噴いた格好だ。

 また、竹田辰也(37=山口)の動きも目を引いた。6コースから差し伸び、道中は秋山の追い上げをかわしながら先行する奈須にも迫った。「(展開があり)ラッキーな2着でした。でも、足もいいです。気になるのは初動のかかりだけ」と仕上げ面でも優位に立っている。

 逆にスタートで遅れて4着と、いいところなしだったのは地元のホープ・権藤俊光(34=大阪)。巻き返しに期待したい。

関連タグ: