【徳山ボート】ベテラン宮武英司が“残り物に福”のエース機ゲット「ラッキーですよ!」

2021年06月23日 18時32分

宮武英司
宮武英司

 ボートレース徳山の「レノファ山口カップ」が24日、熱戦の幕を開ける。今節は女子7人を含む男女混合戦。23日の前検日はエンジン抽選やスタート特訓などが行われた。

 注目の初日「ドリーム戦」メンバーでは1号艇に配された江夏満(40=福岡)が57号機の舟足に好感触を得た様子。一方、予選組では宮武英司(51=香川)、岡部貴司(47=岡山)、志道吉和(44=福岡)、長尾章平(36=山口)の気配が良好だった。また、128期の中尾優香(19=福岡)が、ひと月遅れのデビュー戦を迎える。

 ここではベテラン・宮武にスポットを当てたい。手にしたエンジンは当地のエース54号機!
「エンジン抽選の順番が最後だったので、引いていないんです。ラッキーですよ!」と残り物がエース機だったと、満面の笑み。

 スタート特訓後は「(乗った感じ)違和感はなかった。班でも分がいい感じはしましたね。前検日としては悪くない」と気配は上々だ。

 早くもいい流れをつかんだとなれば、その勢いのまま、いきなり初日からエース機パワーを見せつけてくれるはずだ。

関連タグ:
 

ピックアップ