【GⅠ福岡チャンピオンC】20号、64号がWエース機

2014年11月12日 11時57分

【GⅠ福岡チャンピオンカップ:エンジン評価】現モーターは6月から使用。検定タイムトップの6秒63を計測、初下ろしから伸び中心に強力に噴き上げていた15号だったが、最近は中堅上位クラスの動き。

 むしろ2連対率トップ(57%)の20号、勝率トップの64号の2機がエース機を争っている。両モーターとも試運転より実戦で威力を発揮するレース足型だ。他では伸びる23、14号に、出足いい19、28号あたりがセカンドグループを形成。

 32号に、43、61、66号も常に成績以上のパワーを秘めており要注意。

【福岡水面の特徴】

 水質=汽水

 流れ・水位変化=あり

 水面特性=海水に近い汽水で減音機使用。1マークは那珂川の河口に位置し、満潮時にはうねりが出て難水面になる。

 レースの特徴=1マークの振り幅の影響により、インの占有域が狭いため、センターからのまくりが効きやすい。イン勝率35・2%は全国24ボートレース場中、最低の数字だ。