【大村ボート】絶好調・山崎郡が優勝戦ポールポジション獲得!「足は十分に上位と思う」

2021年06月19日 22時08分

オール3連対で優勝に王手をかけた山崎郡
オール3連対で優勝に王手をかけた山崎郡

 7日間の長丁場で争われてきたボートレース大村の一般戦は20日がいよいよ最終日。19日に行われた準優3番勝負を勝ち上がったベスト6によって優勝戦が争われる。

 優勝戦出場メンバーは以下の通り。

1号艇・山崎 郡(31=大阪)

2号艇・梶野学志(40=東京)

3号艇・青木玄太(34=滋賀)

4号艇・小池哲也(31=大阪)

5号艇・市川哲也(52=広島)

6号艇・古川 健(37=広島)

 絶好枠に陣取る山崎がV最短距離につけた。今シリーズはここまで11戦7勝の大暴れ! しかも2着3回3着1回として、4着以下の大敗は一度もない抜群の安定感を誇っている。

 機力に関しても「足は十分に上位だと思います。伸びとか、出足に特化した人には見劣るかもしれないけど、トータルで見たらいいところにきているし、レース足とかもいいです」と高水準の仕上がりだ。

 近況もこれで5連続優出(うち2V)と絶好のリズム。今年はすでに優勝も3回を数えているだけに、この勢いでいけば、年間5V超も十分にクリア可能な数字だ。となれば、その先には来年3月に当地・大村で開催される「第57回ボートレースクラシック」で、念願のSG初出場を果たすことも夢ではなくなる。

 まずは、この頂上決戦で鋭い速攻スタートを踏み込み、一気にV奪取といきたいところだ。

関連タグ: