【戸田ボート・GⅢイースタンヤング】永井彪也が2コースまくりでV「満足度は100%を超えている」エース機を絶賛

2021年06月17日 19時48分

イースタンヤングで優勝した永井

 ボートレース戸田のGⅢ「第8回イースタンヤング」は17日の最終日、12Rで優勝戦が行われ、2号艇の永井彪也(28=東京)がまくって快勝。通算10度目の優勝を飾り、V賞金200万円とともに、プレミアムGⅠ「第8回ヤングダービー」(9月21日~、徳山)の優先出場権を獲得した。

 進入は枠なりの3対3。永井は2コースからコンマ09のトップスタートを決め、インの上田龍星(25=大阪)をひとまくり。そのまま後続を振り切り、先頭でゴールした。

 2コースまくりの選択は「全くなかった。上田君の初動の感じを見て決めようと思っていた。そこは体が勝手に動いた」と勝負を決めたシーンを振り返った。

 調整について「直前まで伸びを求めてやってきたがスタートとか、シビアなレースになると思っていたので、伸び一本だと出し抜けなかったら終わってしまう。だったら、まだレースできるほうがいいかなと思った」と最終的にバランス型に仕上げ、それが吉と出た。「僕の満足度は100%を超えている」とVへ導いたエース機57号を絶賛した。

 この後には22日から児島で開幕するSG・第31回グランドチャンピオンを控える。「エンジン調整で難しい面もあって、いろいろ勉強になった。次のSGでも生かせるかも」と今節の戦いで手応えをつかみ、決戦が楽しみな様子。

「今年、師匠(中野次郎、40=東京)や浜野谷(憲吾、47=東京)さんもリズムがいいので、自分も置いていかれないよう、追い越せるよう頑張りたい」と今後の活躍を誓った。

関連タグ: