【住之江ボート・GⅢオールレディース】オール3連対の大滝明日香が明かすペラの“秘策”

2021年06月14日 23時36分

大滝明日香

 ボートレース住之江のGⅢオールレディース「大阪スポーツ賞 第32回アクアクイーンカップ」は14日、中盤戦のヤマ場、予選3日目を終えた。

 相変わらず平高奈菜(33=香川)の力強い走りが目立っているが、ベテランの域に差し掛かってきた大滝明日香(41=愛知)もここまで未勝利ながら2、2、3、3、2着とオール3連対を継続し好調だ。

 安定したレースぶりの要因はプロペラにある。「66号機の前操者は地元大阪支部の沢田昭宏選手。自分がやろうとしていたペラに近い形なので、沢田選手を信じてベースはそのままにしています」と“秘策”を明かした。

「足はバランスが取れていい部類。住之江は乗りにくいイメージがあるけど、今は住之江の割に乗りやすい」と仕上がりは上々だ。

 前節の戸田GⅢオールレディース初日7Rでは6艇全艇フライングの片棒を担いでしまい「スタートは無理できない」と神妙な面持ちでいたが、「予選最終日はイン戦が残っているので、そこはしっかり勝ち切りたい」と気持ちは前向きだ。

関連タグ: