【住之江ボート・GⅢオールレディース】改名した「森岡まき」は上々の好リズム

2021年06月13日 23時39分

ここまで3戦2勝といい流れできている森岡まき

 ボートレース住之江のGⅢオールレディース「大阪スポーツ賞 第32回アクアクイーンカップ」は13日、予選2日目を開催。14日、予選3日目に突入する。

 序盤戦は2日目12R「アクアドリーム」を快勝した平高奈菜(33=香川)が無傷の3連勝と快進撃。これを3戦2勝2着1本で100期同期・鎌倉涼(32=大阪)が追いかける展開となっている。

 一方、伏兵の森岡まき(47=岡山)もここまで上々の好リズムだ。初日前半5Rを2コースからまくって3連単18万円台の高配当を演出すれば、2日目7Rではインコースから落ち着いたレース運びで逃げ切り勝ち。ここまで3戦2勝といい流れできている。

 32号機については「気温が下がった影響なのか、ターンでモッサリしていて、すごく乗りにくかった。ただ、スリット付近はいいと思う。前回の人(古沢信二)が苦労していたエンジンみたいだけど、今節は動いていると思う」と高評価した。

 今年5月に名前を〝真希〟から〝まき〟に改名した。「本屋の姓名判断で『森岡真希』が家族にトラブルを起こす名前だと書かれていたのでずっと気になっていた。裁判所で今年の4月にOKがもらえたので、8年越しで名前を変えました」とのこと。

 当地は5月に改名後初参戦したが、当時は節間1勝止まりで予選落ち。今節は前回以上の活躍が見込めるだけに、引き続き注目していきたい。

関連タグ: