【住之江ボート・GⅢオールレディース】平高奈菜が連勝発進! 2日目はDR戦1号艇

2021年06月12日 21時54分

部品交換で機力アップを狙う平高奈菜

 ボートレース住之江のGⅢオールレディース「大阪スポーツ賞 第32回アクアクイーンカップ」は12日、開幕。初日メイン12R「大スポドリーム」は1号艇の鎌倉涼(32=大阪)が危なげなく逃げて白星スタートを決めた。ただ「1Mはターンを漏らしていた。伸びは悪くないけど、引き波に入ると怪しい」と話しており、調整の余地はありそう。

 今節はWドリームで2日目(13日)も12Rで「アクアドリーム」が行われる。1号艇を任された平高奈菜(33=香川)は前検一番時計をマークも「ちょっと伸びが怪しい」と不満も口にしていた。迎えた初日、前半7Rは3コースからまくり差して2番手を追走すると、2周2Mで赤沢文香(39=岡山)を抜き去る逆転勝利。後半11Rも2コースから差し、バック届かせて連勝ゴールを決めた。

 機力には「スリット足が不満ですね。手前が悪すぎる」と注文をつけるが「走り出せばいいし、グリップも自分の好きな感じ」と明るい兆しも出てきた。連勝については「余裕ができるし、ありがたい。このグリップにSの足がくれば全然いいので、部品交換も考えたい」とV候補が3連勝に向け着々と上積みを図る。

 予選スタート組では高橋淳美(58=大阪)が好枠生かして同じく連勝スタート。一方、主役の一人、遠藤エミ(33=滋賀)は5、6枠だったのもあるが6着2本と流れに乗れていない。それでも「スリット付近は良かったので、回転を合わせたい」と2日目ドリーム戦での巻き返しに燃えている。

【関連記事】

関連タグ: