【福岡ボート・GⅠ福岡チャンピオンC】納得仕上げの下條雄太郎が勝負駆け「チャンスはある」

2021年06月08日 20時25分

下條雄太郎

 ボートレース福岡のGⅠ「福岡チャンピオンカップ 開設68周年記念競走」は9日、早くも予選最終日となる4日目を迎える。

 ここでは現在、得点率5・50で17位につけている下條雄太郎(35=長崎)に注目したい。

 中盤戦のヤマ場と言えた3日目(8日)は4R1号艇の1回走り。この一戦は下條を含めた5艇がゼロ台の早いスタートとなる速攻合戦となり、2コース・古沢光紀(33=福岡)がコンマ12と後れをとる、壁なしの厳しいスリット隊形となったが、3号艇・上野真之介(33=佐賀)の攻めを受け止めて逃げ切り快勝! 今節初白星を飾り、笑みを浮かべた。

 レース後は「バランスが取れて足は悪くない。出ていくことはないけどタイムも出ているし、悪くない。中堅はしっかりある。行き足から伸びにかけてがいいのかな」と52号機の仕上がりについては納得の表情だった。

 予選最終日は5R5号艇と、11R4号艇の2回走り。もちろん予選突破へ向けて勝負駆けの目も残されており「チャンスはある」と気合も十分だ。

 早くから「次代の長崎支部のエース」と期待されながらも、未だGI、SGタイトルは無冠。念願の記念レース初制覇を狙う意味でも、まずは予選突破を果たすつもりだ。

関連タグ: