【蒲郡ボート・GⅠオールジャパン竹島特別】平本真之が絶好枠!念願の地元GI制覇へ「絶対に欲しいタイトル」

2021年06月07日 22時25分

絶好枠から地元GI制覇を狙う平本真之

 ボートレース蒲郡のGⅠ「オールジャパン竹島特別 開設66周年記念競走」は7日に準優勝戦3番が終了。8日最終日の12Rで行われる優勝戦のメンバーが以下の通りに決定した。

1号艇・平本 真之(37=愛知)
2号艇・湯川 浩司(41=大阪)
3号艇・石野 貴之(39=大阪)
4号艇・浜野谷憲吾(47=東京)
5号艇・磯部  誠(30=愛知)
6号艇・毒島  誠(37=群馬)

 準優勝戦は9~11Rすべて逃げ切り決着となり、地元・平本が優勝戦の絶好枠を勝ち取った。地元戦では2015年3月にとこなめのGⅠを制しているが、蒲郡でのビッグタイトルはまだないだけに「選手生活の中で絶対に欲しいタイトルだし、今回はそのチャンスだと思っている。ここで勝ちたい」と気持ちを高ぶらせている。

 優勝戦には当地GⅠ覇者の湯川、石野の大阪コンビ。そして昨年11月の当地SG「第23回チャレンジカップ」覇者の毒島ら豪華メンバーが揃い激戦ムードも漂うが、枠番の利がある平本がV最短距離に位置しているのは間違いないはずだ。

【関連記事】

関連タグ: