【唐津ボート】平高奈菜は7戦6勝で予選トップ通過も「エンジン音が気になった」

2021年06月06日 17時13分

予選を7戦6勝2着1回で首位通過の平高奈菜

 ボートレースからつの「桃咲まゆ杯~ほぼ女子戦~」は6日、予選最終日の4日目を終了。7日は10~12Rで準優勝戦を行う5日目を迎える。

 予選ロードは平高奈菜(33=香川)が得点率首位通過を決めた。上位級の舟足と格上の走りでここまで7戦6勝2着1回の2連対率100%という大活躍! 

 4日目は4Rと11Rの2走を5コースまくり、イン逃げであっさり連勝した平高。それでも、機力に関しては「前半は乗り心地も良くて、足はいいかなと思ったけど、後半はエンジン音が気になりました。エンジンは出ているけど…。準優戦も優勝戦も、昼の時間帯なので、この音をどうにかしたい」と、仕上げには慎重な構えだった。

 当地・からつでは、準優勝戦が行われる5日目前半レースの結果も優勝戦の枠順に関係するシステムだけに、得点率2位につけた高田明(36=佐賀)と僅差とあって、5日目も前半7Rから好結果が求められる。

関連タグ: