【江戸川ボート・GⅢオールレディース】小野生奈 SGオールスター未勝利も収穫「勉強になった」

2021年06月05日 18時56分

前検の手応えもまずまずの小野生奈

 ボートレース江戸川のGⅢ「オールレディース江戸川女王決定戦」が6日、開幕する。5日の前検日はエンジン抽選、スタート特訓などが行われた。

 当地は今節が新エンジン使用4節目。相場はまだ固まっていないが、初日メイン12R「江戸川選抜」に出場する主役候補の中では、寺田千恵(52=岡山)が2連対率60%の45号機、長嶋万記(40=静岡)が同40%の57号機をゲット。特に長嶋は「伸びは良さそう。エンジンはいいと思いますよ」と好ムードだった。

 一方、1号艇に座る小野生奈(32=福岡)が手にしたのは同31%とやや低調な68号機。ただ「チルト1・0だったのを0・5に下げて乗りました。班での比較もよく分からなかったけど、直線は悪くなかった。乗り心地、伸びを求めてプロペラ調整をします」と話しており、前検時点の感触は悪くなさそうだ。

 当地出場は昨年6月の今大会以来、3回目。慣れていない水面ではあるが、その前回は予選トップ通過を果たしながら準優12R1号艇で5着に敗退する屈辱を味わった。今回はそのリベンジを期しての江戸川入り。前節の若松SG「オールスター」では未勝利だったが「いろいろ勉強になりました」と収穫もあったという。

 最高峰の舞台でもまれた経験を活かし、今節は『江戸川女王』の称号を狙う。

関連タグ: