【福岡ボート・GⅠ福岡チャンピオンC】近況好調の枝尾賢 地元で気合!「調整も合ってきている」

2021年06月05日 18時25分

4連続優出中と好リズムの枝尾賢

 ボートレース福岡のGⅠ「福岡チャンピオンカップ 開設68周年記念競走」が6日、熱戦の幕を開ける。5日の前検日には注目のエンジン抽選などが行われ、エース65号機は森高一真(43=香川)が手にした。

 ここでは地元の枝尾賢(39=福岡)にスポットを当ててみたい。

 手にした46号機は前節・白水勝也(48=福岡)がVを飾った好調機。さらに、3月のSG「クラシック」では石野貴之(39=大阪)が優勝したエンジンとあって、ポテンシャルは十分だ。

 だが、スタート特訓を終えた枝尾は「班で下がることはなかったけど、スタートが届いていないし、自分的には『んー』って感じでいい感じはしなかった。体感的にも悪い」と、前検日の手応えはいまひとつといったところだった。

 それでも悲観するそぶりはみじんもない。「ゴールデンウイーク戦での(自分の調整の)感じが良かったので、その方向に持っていければ…」と、対処は可能といった口ぶり。

 自身のリズムも充実一途。4月の住之江一般戦Vから福岡一般戦準V→若松一般戦V→芦屋一般戦優出4着と直近は4連続優出中。安定感抜群の走りが続いている。「最近はだいぶ調子も戻ってきた。一時期はプロペラが全く分からない時があったけど、今は調整も合ってきている」と不安材料は払拭された。となれば、気合の入る地元GⅠ戦だけに、開幕ダッシュを決めたいところだ。

【関連記事】

関連タグ: