【戸田ボート・GⅢオールレディース】三浦永理 久々V射程「3号艇ならいい。チャンスはある!」

2021年06月04日 20時04分

今年6度目の優出となった三浦永理

 ボートレース戸田のGⅢ「オールレディース」は4日、準優勝戦3番勝負が争われ、5日最終日の12Rで行われる優勝戦に出場するベスト6が以下の通り、決定した。

1号艇・細川 裕子(39=愛知)

2号艇・田口 節子(40=岡山)

3号艇・三浦 永理(38=静岡)

4号艇・桜本あゆみ(33=東京)

5号艇・日高 逸子(59=福岡)

6号艇・津田 裕絵(34=山口)

 注目の優勝戦は絶好枠に陣取る細川が優位。ただし、舟足に関しては「ターンの出口、行き足はいいけど伸びは怪しい。中堅くらい」とまだ納得の域には入っておらず、今年初Vへ視界良好とまでは言えない状況だ。

 となれば、他艇にも勝機はありそうだ。そこで浮上してくるのが3号艇の三浦だろう。

 準優9Rは難なくイン先マイ。優出一番乗りを決めると、ピットに引き揚げてくるなり両手でガッツポーズ!「今節は足のいい人が一杯いましたから」。ここまで自身の舟足は目立つほどではないため、あらゆるテクを駆使しての優出を素直に喜んだ。

 現状の舟足については「悪くはないけど、飛び抜けて良くもない」としながらも「準優(や優勝戦)は出ている人はいない」なら当然、好勝負が可能なはず。もちろん本人も自信を持って臨むつもりだ。

 これで今年6度目の優出となったが、いざ優勝となると長期欠場前の2017年9月・多摩川GⅢオールレディースまでさかのぼる。それだけに「簡単ではないけど、そろそろ優勝したい」と切望しており「3号艇なら握って行けるのでいい。チャンスはある!」と久々Vに向けて意気込んでいる。

【関連記事】

関連タグ: