【唐津ボート】“女王”平高奈菜が「4」、長休明け高田ひかるは「3」 そろって連勝街道バク進中!

2021年06月04日 17時53分

平高奈菜(左)と高田ひかる

 ボートレースからつの「桃咲まゆ杯~ほぼ女子戦~」は5日、中盤戦のヤマ場、予選3日目を迎える。

 いきなり初日から貫禄の連勝発進を決めていた平高奈菜(33=香川)が、2日目のこの日も6Rを4コースからのまくり差し、続く10Rでは2コースからの差しで1着連取。ここまで無傷の4連勝と怒涛の1着ラッシュ!

 一方、今節が90日のフライング休み明け初戦となる高田ひかる(26=三重)も2日目は1Rと11Rの2走をイン逃げ、まくりでピンピン(1、1着)! こちらも初日から土つかずの3連勝と快進撃を披露している。

 昨年の賞金女王・平高は14号機のデキに関して「試運転では上位級の足だと思う。男子選手よりも分がいいけど、男子では向井田選手の行き足は良さそうですね」と、満足そうな口ぶり。

 また、高田は「伸びも回り足もメッチャ良くて上位ですね。これにスタートの行き足さえ来てくれれば足はもう完璧!」と、こちらも強伸び仕立てのパワフルな舟足。長期F休み明けとは思えない乗りっぷりの良さだ!

関連タグ: