【蒲郡ボート・GⅠオールジャパン竹島特別】エース候補68号機を駆る大峯豊「エンジン自体は良さそう」

2021年06月03日 22時38分

大峯豊

 ボートレース蒲郡のGⅠ「オールジャパン竹島特別 開設66周年記念」が3日、開幕した。

 まだ相場が固まらない新エンジン4節目ではあるが、早くもエース機候補の1つと目されているのが、大峯豊(37=山口)の68号機だ。

 その初戦2Rは5コースからまくり差しが不発に終わり6着大敗。しかし、後半6Rでは大外6コースから道中戦で競り勝ち3着と巻き返した。

「前半は(何も調整せずに)もらったままレースにいって競れる感じがなかったけど、後半はプロペラを叩いて、前半よりも乗れた」と、3着を競り合った岡祐臣を2周1Mのツケマイで一蹴した足色はキラリと光った。

「エンジン自体は良さそうなので、プロペラを合わせたい」と調整の方向性が見えたとなれば、2日目から右肩上がりの成績上昇に期待したい。

関連タグ: