【児島ボート・大阪スポーツ杯】秦英悟 グラチャン前哨戦に気合十分「今回も頑張ります!」

2021年05月31日 18時40分

「大阪スポーツ杯」巧者の秦英悟

 ボートレース児島の「グラチャン開催直前 大阪スポーツ杯」が6月1日に開幕する。

 当地では6月22日からSG「第31回グランドチャンピオン」が開催されるだけに、そこへ向けた機力相場のチェックの場となる。

 V有力候補となる腕自慢が顔を揃える初日12R「ドリーム戦」では秦英悟(35=大阪)が注目される。

 昨年の6月に開催された同シリーズで当地初Vを決めており、今回は大会連覇を目指して乗り込んできた。実は前節、尼崎で開催された「第19回ダイスポスワンカップ」でも優勝しており「大阪スポーツ」とは不思議な縁で結ばれている。

 今大会の相棒は2連対率33%で中堅レベルの25号機。「温水パイプが外れると聞いてペラは確認しました。スタート特訓は何も触らずにそのままで行って下がることはなかったです」と感触はまずまずの様子。

 7月からの2021年後期適用勝率はキャリアハイとなる7・34。今年は13節の出場で、6優出3V(準V3回)と近況は充実一途。そして、2節後にはグラチャンで自身2度目のSG参戦が待っている。「調整はこれからいろいろとやりますよ。せっかく呼んでもらったので、少しでもアドバンテージを持って帰りたいです。それに去年も勝たせてもらった大会ですし、今回も頑張ります!」と気合十分だ

【関連記事】

関連タグ: