【戸田ボート・GⅢオールレディース】4節連続優出中の地元・浜田亜理沙「最近は流れがいい」

2021年05月30日 18時27分

ペラ調整に余念がない浜田亜理沙

 ボートレース戸田のGⅢ「オールレディース」が31日、開幕する。

 初日メインの12R「ウインク選抜」1号艇には遠藤エミ(33=滋賀)が陣取る。前節の徳山「オールレディース」で、早くも今年4度目のVを飾り、勢いそのままに当地入りした。前検日は「足は普通で悪くない。まだ合ってはいないけど、プロペラを少し叩いてターンの部分に反応があった」とエンジン6号機の気配は悪くなく、仕上がりは早そうだ。

 一方、近況の勢いなら5号艇の浜田亜理沙(33=埼玉)も負けてはいない。3月の当地オールレディースで優出(5着)するなど、直近10場所中7優出。現在、4節連続優出と乗りに乗っている。

 浜田は「たまたま、うまくいっている感じで流れがいいですね。最近はエンジンも当たりを引くことが多いし。でも、調整もうまくいっていると思います」と笑顔で話す。

 手にした36号機はこれまでV歴こそないが、前々回のゴールデンウィーク戦で佐藤翼(32=埼玉)が出足を中心に水準以上に。前回の山田晃大(31=滋賀)は乗り心地良く仕上げている。

 今節も「プロペラを叩いてみたけど反応はありました。悪くないですね」と感触はまずまずで、前検日としては合格点といったところ。「最近は急に気温が高くなって(調整が)合わなくなったりもするので、そこは気をつけていきたい」と注意点も分かっている。

 もっとも、近況好調とは言いながらも、いざ優勝となると2013年9月の桐生以来、8年近く遠ざかっているのが実情。〝そろそろ〟の期待は高まるばかりだ。

関連タグ: