【大村ボート・GⅡモーターボート誕生祭】豊田健士郎が勝負駆け「インから先に回れれば大丈夫」

2021年05月21日 22時53分

豊田健士郎
豊田健士郎

 ボートレース大村のGⅡ「第25回モーターボート誕生祭」が22日、予選最終日(予選は11Rまで)となるシリーズ4日目に突入する。

 3日目を終えて椎名豊(32=群馬)が4戦3勝の大暴れで得点率トップに立った。「スリット近辺がいいし、伸びはかなりいい。グリップ感もある」と伸び中心に強力仕上げだ。ただ、2位の村松修二(30=広島)以下、魚谷智之(45=兵庫)、赤岩善生(45=愛知)も得点僅差で続く状況だけに、予選トップの座は入れ替わりも十分とみる。なお、地元勢では桑原悠(33=長崎)の10位が最高位で、11位の村上遼(28=長崎)とともに大敗は許されない状況だ。

 一方、勝負駆け組では23位の豊田健士郎(25=三重)を狙ってみたい。初日から3、3、4、3、3着と中間着止まりに「大村は2Mの走り方が難しい。(抜かれたのは)走りなれていないところが出た」とガックリだったが、「2日目までも足は良かったけど違和感があったので、ペラをいつもの形に叩いた。出足、回っての押しがきたし、3日目が1番良かった」と機力には不安はない。

 予選ラストは9R絶好枠で登場。準優進出へは2着ノルマ。「今は地力をつけていきたい。一走一走しっかり走ることを心掛けています」とガッチリと足元を固めているところだが「足は好み感じになっているし、スタートもスローの方が分かる。インから先に回れれば大丈夫とは思うが…」と本音もチラリ。気合のS速攻戦で今節初白星&準優切符をもぎ取るか。

関連タグ:

ピックアップ