【宮島ボート】気配抜群! 山田祐也が得点率トップ浮上「回り足、行き足ともにいい」

2021年05月20日 19時16分

山田祐也
山田祐也

 ボートレース宮島の「第8回住信SBIネット銀行賞」は20日、予選3日目を終了。21日は予選最終日の4日目を迎える。

 3日目は土砂降りの雨となり、調整に苦しめられた選手が多かったが、2日目まで3連勝だった稲田浩二(36=兵庫)も例外ではなく、「乗り心地を含め、足落ちしていた」と、3日目は4、3着と小休止した。

 稲田に代わって得点率トップに浮上したのが山田祐也(31=徳島)だ。ここまで1、3、1、2、1着と全て舟券貢献という安定感の高さが際立っている。

 機力も前検から1番時計をマークしていたが、「回り足、行き足ともにいい。3日目11Rも近江(翔吾、28=香川)選手よりも回ってからの足が良かった。乗り心地だけ不安だが、そこは潮位が高い影響もあると思うので…」と、上位クラスを維持している。

 4日目は4、3枠(7、12R)の2走。行き足がいいだけに、攻撃的レースが組み立てやすいセンターは“絶好枠”ともいえそう。豪快まくりを連発して、このまま予選トップ通過を勝ち取るつもりだ。

関連タグ: